オフィシャルブログ

【設備紹介】3D加工機『MDX-40A』について2018.02.22

ブログ担当Mです!
さて、今回は3D加工機『MDX-40A』について詳細をご紹介いたします。

 

 

■MDX-40A(ローランドディー,ジー,(株)

 

 

MDX-40の3D加工機は、弊社では主にベークライト板を使用した治具作成に用いられています。
ベークライト板は耐熱性や静電気対策に優れており、弊社の様々なシーンで活躍しています。

 

 

■主な使用用途

簡単な保護アイテムから本格的な作業治具まで、その種類は多岐にわたります。
1個だけで成り立っているものもあれば、複数のパーツをプラモデルのように組み立てて立体的な治具に応用する場面もあります。
プリント基板はアートワーク(基板設計)や仕様によって、『手で入れた部品がグラグラしており、フローはんだ工程を通るまで固定しておきたい』『コーティングが乾いていない基板を乾燥させるために、基板を固定する小さな治具を複数用意したい』といった小さな問題点が多く発生します。

 

 

一つ一つは『やってやれない事はない』レベルではありますが、『誰でもできる』レベルではありません。
人によって品質に差が出てしまうとお客様にご迷惑をかけてしまいますので、それを防止する意味でも3D加工機の治具は無くてはならないものとなっています。

 

逆にこの3D加工機による治具があるからこそ、品質の向上とお見積もりの低価格化を実現できました。

 

 

■このようなお客様に喜ばれています

 ●フロー半田実装に使用する『ディップパレット』を短納期・低価格で利用したいというお客様
 ●作業ミスを防げ、更なる作業の効率化、品質の向上化を望んでおられるお客様
 ●基板サイズに合った作業道具をお求めのお客様
 ●上記いずれかを大量生産したいというお客様

 

 関連記事:様々な基板の実装に対応する『ディップパレット』について

 

 

このようなお困り事がありましたら、是非お気軽に弊社までお問い合わせください。

 >>お見積もり・お問合せ・資料請求はこちら<<

 

 

 

上記画像のpdfデータは以下ブログからもダウンロードいただけます。
お困り事がありましたらお気軽にご相談下さいませ。

【無料ダウンロード】弊社のパンフレットや成功事例をご確認いただけます。

 

 

 

 

以下記事もよく読まれています。

 【設備レビュー】加工機・研磨機のご紹介について

 治具を用いた品質改善について(3D加工治具の改善紹介)

カテゴリ

開発_治具 , 品質_ISO

ページの上部へ

〒520-1217 滋賀県高島市安曇川町田中2668
TEL:0740-32-3333 FAX:0740-32-2355