オフィシャルブログ

【自動装置完成】新センサー導入で技術課奮闘!2020.12.03

おはようございます、ブログ担当 岸田です。

もう師走に入りました。そろそろ、雪が降る季節ですね。

滋賀県高島市は豪雪地域です。

豪雪地域に該当するのは滋賀県でも、高島市と長浜市だけ。

昨年は暖冬であまり雪が降りませんでしたが、

今年は厳しい冬になるとのこと。高島市でも雪が降るでしょうねぇ

タイヤは早めに変えなくちゃ!…ということで、

今回は、以前から私も楽しみにしていたこの話題です!

 

●【技術課、装置を作成する、の巻

今回は、テーマ「【自動装置完成】新センサー導入で技術課奮闘!」ということで

「技術課自信作の装置」のお話です。

 

弊社の技術課では、治具の設計製作や、検査装置の開発設計製作、設備の導入・改造などなど

多岐にわたる活動を担当しており、

お客様や現場のお困りごとを解決するべく日々研鑽しています。

 

今回も、お客様から、「A製品の品質を安定させてほしい」との声と、

製造現場からの、「A製品の自動化を進めたい」という声から、

社内技術課にて新装置を製作することが決まりました。

 

しかし、その道のりは長く険しいものでした・・・続く(笑)

 

 

●【機械をサポートする装置をつくる!】

 

今回、製作する装置はどのようなものか?お話しますと、

A製品のある工程では、機械を人が操作して、製造を行っていました。

しかし、これがなかなか難しく、品質が安定しない。

そして「コスト」がかかりすぎる!という問題がありました。

 

そこで、新たに新装置を開発することによって

「人による操作」を大幅に軽減&品質安定をさせよう!ということになったのです。

つまり、機械をサポートする装置ですね。

「人による操作」は何をしていたかというと、材料Bを「加える量」と「状態調整」です。

(材料Bがなにか言えないのが残念なんですが!)

機械が作動している間、材料Bを「加える量」と「状態調整」をず~~っとしてなきゃなんですねえ。大変!

 

これが自動化できれば、取っても楽ちんになりますね。

 

●【新センサー導入で奮闘!】

 

新装置の開発のお話を聞いていると、

「新装置を製作するうえで一番大変だったことは、この新しいセンサーだよ!」と

教えてもらいました。それがこちら↓

 

 

このちっちゃなセンサー、なかなかの優れもので、センサーによって対象物までの距離を測れるらしいのです。

弊社でも、このセンサー導入は初めてのことで、取り扱いに苦労したとか・・・。

このセンサーを使うことで、材料Bの残量を計測することができます。

材料の量が、使うごとに減っていくのをセンサーで感知していくんですね。賢い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●【完成品は、なんだか縦長でリフトみたい!】

さて、その完成品!です!バーーーーン!

 

 

縦に長ーーーーい装置ですね。こんなに長い理由は、右側にくっついてる箱にあります。

右側の箱に、材料を載せ、材料の残量によって、箱を上昇させていくんです。

(ちょっとイメージしにくいと思いますが、)

この上昇動作で先ほどの材料Bの「状態調整」が可能になります。

そして、その中に先ほどのセンサーも入っています。

これで材料Bの残量が減るのを感知するんですね。(以下参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その柱の上に立っているのが、操作パネルです。そしてその中身がいわゆる脳みそです。

こんな感じ。(以下参照(上:操作パネル、下:脳みそ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も動かしている様子を見させていただきましたが、なんとも賢いですね~~!

こんなのが人の手で作れちゃうなんて、ちょっと感動です。

 

●【新装置開発で更に技を磨く!安曇川電子工業(株)へご連絡ください。

いかがでしたでしょうか?

今回は、「【自動装置完成】新センサー導入で技術課奮闘!」という

テーマでご紹介しました。

これで一旦完成!となり、次は、お客様と現場へお披露目会をします。

試験に合格すれば、晴れて現場の仲間入りです!

またその様子もお伝えできればと思いますので、お楽しみに!

安曇川電子工業(株)では、経営理念に則り「心を磨き 技を磨く」べく、

新しい開発・製作へ挑戦を続けています。

そんな安曇川電子工業(株)へご興味を持たれた方は、是非一度お声掛けください。

お客様にお会いできることを楽しみにしております。

 

【ご質問・ご相談・お見積はこちら】

 

カテゴリ

開発_治具

ページの上部へ

〒520-1217 滋賀県高島市安曇川町田中2668
TEL:0740-32-3333 FAX:0740-32-2355