オフィシャルブログ

ポイントディップの有効な使い方【ポイントディップ 追加導入】2021.06.11

おはようございます。
梅雨時期がつづきますね。この時期が一番熱中症になりやすいそうです。
しかも6月は祝日がなく、休みが少ない!わあん!!
みなさんも、体調管理に気を付けてお過ごし下さい。

雨や曇りの日は、朝でも電気をつけて過ごすと、体が「朝だ!」と認識するそうですよ。

 

●【ポイントディップ設備の保有数UP】

安曇川電子工業(株)では、現在ポイントディップ設備を使用したご依頼をたくさんいただいております。

そこで弊社では、ポイントディップの追加購入し、お客様からよりご要望に応えられる体制を作ろう!ということになり、本日、その設備が到着しました!!

これで自社では、ポイントディップを合計4台保有することになります。

以下搬入している様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントディップについては、以下でもご紹介していますので、読んでみてくださいね。

【次世代のはんだ付け】ポイント半田槽の効果事例紹介

●【生産を想定したカスタマイズ】

今回の設備は、すでに保有実績があり、生産拡大にともなった設備投入です。

なので生産を想定したカスタマイズがすでにされています!!やったね!

以下(画像参照)の設備の足元を見てもらうとわかる通り、少し設備が浮いています。
このように浮かせることで、作業者の背丈にあった高さで作業ができるようになり、作業性がUPします。

それ以外にも、すぐに使用できるように、備品やセッティング(画像参照)までスムーズに進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●【ポイントディップは少量多品種に有効】

ポイントディップは少量多品種の生産に向いた設備です。

設定したポイントに対して、半田の量などの細かい設定のもとはんだ付けができます。
なので、複雑な形状の基板や、高低差のある部品を多く使っているような、特殊基板でも対応可能です。
また、半田を付けたくない箇所を避けることができるので、品質的にも安心できます。

これからの、多岐にわたるお客様のニーズにお応えするのにはぴったりの設備です。

また、中ロット~大ロットでご計画のお客様は、半田槽を使用したライン生産をお勧めします。
安曇川電子工業(株)では、どちらにも対応できますので、ぜひご検討ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントディップについてのVAVE提案記事は、以下にも掲載中!こちらもご覧下さい☺

https://adogawa.jp/vave/442.html

https://adogawa.jp/vave/794.html

https://adogawa.jp/vave/791.html

https://adogawa.jp/vave/726.html

●【お客様のご要望に応えたい安曇川電子工業(株)へご連絡ください】

さて、「ポイントディップの有効な使い方【ポイントディップ 追加導入】」ということで、

基板実装、基板実装!と一口にいっても、色々な設備&方法があるんですよ、というご紹介させていただきました。

このように我々は、お客様のご要望に応えるべく日々体制づくりに取り組んでいます。

そんな安曇川電子工業(株)へご興味をお持ちいただきましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

お客様のご希望に沿えますよう、よろこんで対応させていただきます。


【ご質問・ご相談・お見積はこちら】

 

カテゴリ

新設備 , 基板実装

ページの上部へ

〒520-1217 滋賀県高島市安曇川町田中2668
TEL:0740-32-3333 FAX:0740-32-2355